開発する楽しさ、
好奇心に動かされて

Kさん/エンジニア
2016年新卒

STAFF INTERVIEW

学生時代、一番力を入れていたことは?

大学では、情報メディア学科でコンピュータサイエンスやメディア処理を学んでいました。プライベートでは、Webアプリやスマホアプリを作って公開したこともあります。自分で作ったものが人に使われ、使った人からフィードバックが得られることが非常に楽しく、時間を忘れて開発していました。
また、大学4年の時は研究にも力を入れました。
手に持ったダンボールに向かってボールをプロジェクターで投影し、そのダンボールを傾けてボールを転がしたりといった操作ができるシステムを作っていました。その傾きの検出には深度カメラという装置を使っていて、ボールを転がす方法から、どうすれば転がり方が自然に見えるかなどの研究を行っていました。

入社の決め手は?

堅苦しい昔ながらのシステム開発会社ではなく、楽しく仕事ができそうな会社を探していました。
会社説明会に参加した時、社員の方とマイコンでラジコンを作り競争させるという グループワークがあり、皆さんの楽しそうにされている雰囲気に惹かれました。
また、ユーザーの声を直接反映できるものづくりがしたいと思っていたので、Webサイトやアプリを制作している点にも惹かれました。

現在の担当案件・業務について教えてください

主にAndroidアプリの開発を行っています。
最近では、某鉄道会社の情報アプリの新規開発や、アーケードゲームと連携する海外向けアプリの改修、英語学習アプリの課金機能の実装などを行いました。アプリ開発では、設計から実装まで全て社内で行うことが多いので、実装に使用する言語やライブラリなども選定でき、比較的自由度が高いなと感じます。

アプリ開発の魅力とは?

さまざまなユーザーの目に触れるものが作れることに魅力を感じます。
コンシューマー向けのアプリであれば、アプリストアなどでアプリに対する評価や声が直接見られるため、良い評価であれば、もちろんモチベーションアップにつながりますし、悪い評価であってもそれを素直に受け止め、改善策を前向きに考えることができます。
あと、これはWeb系の開発にもいえることかもしれませんが、新しい技術を積極的に取り入れやすいことも魅力です。
モバイルアプリ開発自体が比較的新しい分野で、現在進行形で進化しているので、業界の流れをリアルタイムに感じながら開発できるところは、とても魅力的です。

どんなときに大変だと感じますか?

当然ですが、納期が逼迫していたり、技術的負債が蓄積されたプログラムの改修は大変です。そのような事態にならない為に、人間が読みやすく理解しやすい設計、実装を行うように気をつけています。
あと、社内にまだノウハウがないことに挑戦するのも大変です。社内にこれまで実績がなかったARアプリの改修を担当したのですが、何をどのように実現しているか全く分からず、解析や調査にとても時間が掛かりました。ただ、大変ではありましたが、それ以上に新しい技術へ挑戦する楽しさを実感しました。何事にも“初めて”はあるはずなので、どんなことにも積極的に挑戦し、ノウハウを貯めていきたいと考えています。

J-POP SUMMIT への出展はいかがでしたか?

数多くのイノベーションが生まれている街サンフランシスコへ行き、その空気感を肌で感じられたのは非常に良い経験になりました。
中でも、J-POP SUMMITの会場では、多くの日本企業が個性的で革新的なアイデアを発表していて、とても刺激を受けました。ただスノウロビンブースに来てくださった方のほとんどが現地の方で、コミュニケーションを取りたくても英語が分からず取れない…ということが多々あり、英語力の無さを改めて痛感させられました。

今後、挑戦したいことは?

GoogleがモバイルファーストからAIファーストにシフトしたこともあり、 遅かれ早かれAIに関する知識が必須になる日が来ると思います。
今であればGoogle Home や Amazon Echo,Apple HomePodなどの音声アシスタントが流行の兆しを見せています。これらの音声アシスタントデバイスは、音声で操作し、音声でフィードバックが得られるという、今までのデバイスとは完全に異なる体験になっています。これが今のスマートフォン並に普及するかどうかはまだ未知数で、今後仕事に繋がるかは分かりませんが、個人的な興味として、こういった新しいものにも恐れることなく挑戦していきたいと思っています。

会社に期待していることは?

今は広告代理店などを経由する受託案件が多いですが、今後は「直接ユーザのためにものづくりを行う、クリエイティブテクノロジー企業になる」という会社の方針に期待しています。
また、最近フレックス制が導入されるなど、働き方改革にも力を入れているので、クリエイティブな仕事と働きやすさの両方を追求する企業になっていけばなと思います。

就職活動中の皆さんにひとこと

就職活動中に、何を基準にすれば良いか分からなくなることがあると思います。実際に自分もそうでしたが、私は自分が本当にやりたいことができるかどうかを軸に活動することに決めていました。 勤務地、福利厚生、安定性や給与など、判断材料になる条件は非常に多いと思いますが、その中で自分はどれが一番譲れないかを考えるようにすることで、悔いのない判断ができるのではないかなと思います。