広く、深く、はたらく
未来の私が後悔しないように

Hさん / 経営管理室
2012年中途

STAFF INTERVIEW

これまではどういった経験を?

飲食店で営業事務や、電子部品の商社での経理事務などを経験してきました。
社内にいる他の事務職の方や、営業さんとのやり取りがメインで、机に座っての業務がほとんどでした。
来客や電話応対で取引先の方に自分の名前を覚えていただくこともありましたね。

転職のきっかけは?

前職の商社では東京に本社がありましたが、私は大阪支店の経理として勤務していたため、もっと深く会社全体に関わりたいと感じるようになりました。
また、正社員として長く勤められる企業に就職したいという思いもあり、転職を決意しました。

大変だと感じたことは?

会社の規則やルールをつくっていくことは、いつも大変さを感じます。
私がスノウロビンの面接を受けたとき、「スノウロビンは今からルールを確立していきます。ルールを作るのは大変ですよ」と、当時の面接担当者に言われたことを今でもハッキリと覚えています。
それに対し、『一番最初に何かを始めるのはとても大変だけど、会社のルールの確立はやりたいと思って出来ることではないし、うまくいったときの達成感も大変さ以上に感じられると思うので挑戦したいです』と答えました。ルールは一度決めても状況しだいで変更が必要になるものなので、すごく大変な反面、とてもやりがいのある業務だと日々感じています。

スノウロビンの魅力とは?

やりたいこと・好きなことを仕事にして、プロとして活躍できる場所があることが魅力です。
結果はもちろん大事ですが、大企業のようなしがらみもなく、自分の考えや意見を仕事や会社に反映できることは、大きな魅力のひとつだと思います。

あなたの主な業務について教えてください。

スノウロビンでは経理だけでなく、人事や労務、総務、庶務など、会社に広く深く関わる業務を担当しています。
最近では、採用面接に入ることも多くなり、いっそう会社全体に関わることができ、奮闘の毎日です。

面接で大事にしていることは?

面接日までのメッセージのやりとりをスピーディに行うことと、面接時の雰囲気づくりを大事にしています!
特にエンジニア採用はスピード重視なので社内の調整や確認も取りつつ、迅速なメッセージの返信準備を心がけています。
実際の面接では、応募者の皆さんはもちろん緊張していると思いますが、実は、面接する私もとても緊張しているんです。
ただ、私が緊張した状態で臨むと、相手にもその緊張が伝わってしまい、なかなか本音を話せなくなってしまいます。そうなると、お互いのことを知り合えるせっかくの機会がもったいなくなるので、出来るだけリラックスして話し合える雰囲気づくりを心がけています。
あ、ただ、私は事務専門なので、エンジニアの専門用語や言語などの詳しい技術話はお断りしています(笑)

就職活動中の皆さんにひとこと

わたしは、5年後、10年後の自分が後悔しないことを心がけて転職活動しました。
スノウロビンに入社して5年目に突入し、まさか自分が採用活動に携わるなんて思ってもみなかったです。 楽しんで仕事ができる環境があることに日々感謝しています。
皆さんも、様々な企業の話を聞いて、自分の選んだ道に後悔しないよう歩んでもらえたら嬉しいです。