冷静な目を持ち
一心に開発

Uさん / エンジニア
2016年中途

STAFF INTERVIEW

前職ではどういった経験を?

工業用機械の組み込みソフトのプログラマをやっていました。バリバリのC言語プログラマで、作業着を着て仕事してましたね。
入社から辞めるまで、機械を相手に試行錯誤の日々でした。
要件定義から設計・開発にテスト、最終的なリリース(日本の北から南から、近場の海外)まで全ての工程を経験することができ、結果として自分の大きな糧になったと思います。

転職のきっかけは?

10年間ずっと同じことをやっていて、単純に飽きたな、と。
最後の2年ほど、なにか他のことがしたいと感じるようになりました。
工業用機械は、機械面での進歩は日々目覚ましいものがありますが、反面扱うソフトの技術は安全や速度を考慮してほとんど変化しません。
世の中にはWebやスマホなどの新しい技術がどんどん出ているのに、そういったモノづくりに携われない残念さが強くなっていったのだと思います。
正直、入社前はプログラマとしても社会人としてもヒヨッコで、入社数年ぐらいは転職なんて恐れ多い、やるにしてももっと力をつけてからだ、と考えていました。
ただ10年やった自分を客観的に評価したとき、ここで終わっていいのか?もっと他のことをしたいんじゃないか?もっと個人の力だけでできるんじゃないか?と考えるように変化しました。そこで決意を固め、スノウロビンの門戸を叩かせてもらいました。

働く上で大切にしてることはありますか?

スケジュールに追われている時こそ冷静になるように努めています。 人間はミスをするもので、特にソフト開発はバグとの戦いです。目の前に立ち塞がるバグは一見高い山に見えますが、冷静に一つ一つ状況を追って行けば全く太刀打ちできないものはないはずです。冷静な目を常に心がけて仕事に取り組んでいるつもりです。
ただそれでも判断に困るときは、思い切って勘に任せてしまうときもあります。意外とうまくいったりしますが、大体失敗します。やっぱり勘はダメですね。

パ・リーグウォーク開発の魅力とは?

パ・リーグウォークは歩数計のアプリですが、それだけではありません。
パ・リーグの応援球団毎に合計歩数を競い合えるゲーム要素も持っています。 野球の応援といえば、球場観戦もしくはテレビ観戦、そのどちらかだと考えると思いますが、パ・リーグウォークはスマホのアプリを通じて、新しい応援スタイルを提供できる仕組みを提供しています。
また、ハーバード大学と協力し、歩数とゲーム要素がどういった相乗効果を生むのかの研究も行っています。歩数計アプリは、可能な限りユーザーが意識せず動作している必要があります。簡単で、いつ何時でも動いていないといけません。
なので、可能な限りデザインもシンプルに、処理も素早くすることが必須となります。せっかくがんばって歩いたのに全く歩数がカウントされなかったら残念ですよね。
ただ歩数のカウントは膨大なデータを処理する必要があります。いかにユーザーが意識しないレベルで処理を高速化するか、設計・開発は大変ですがとてもやりがいがあります。

入社の決め手は?

ソフトウェア業界のメインはやはり東京だと思いますが、その中であえて関西でがんばっている会社だということに興味をもちました。
また、社内に専属のデザイナー部署があるというところにすごく惹かれました。ソフト開発をしていると、ついでにとデザインも頼まれることがあるのですが、そんな片手間にできることではありません。
今はUI/UXが重要視される世の中なので、デザインは専門職に任せ、エンジニアは開発に専念できる環境を作るべきだと感じていたので、スノウロビンは理想的でした。

あなたの主な業務について教えてください

「パ・リーグウォーク」というスマホ向けアプリの開発と保守を担当しています。
最近は、先月リリースした選手図鑑機能の開発に力を入れています。企画書の素案作成や要件定義の作成、サーバーとアプリの機能設計・実装、最終的なテストを行いました。

今後身につけたいスキルはなんですか?

サーバー側の開発は前の会社や個人でほとんど携わったことがなく、経験値が足りない状態です。 この会社ではサーバーとアプリの垣根なく全ての工程に携われます。 逆に全て把握出来てないと置いてけぼりになるので、早く基礎力と経験値を身につけたいと思います。

就職活動中の皆さんにひとこと

就職活動は大変ですよね、ホントに。 私は新卒のときは全く受からなくて日に日に鬱々していった記憶があります。
面接で何を言えば良いのか、志望動機に何を書けば良いのか、、、 今思えば、なかなか受からなかったのは、なんでも良いから受かりたい!と会社に受かる為に自分を装っていてそれを見透かされていたのかな、と感じます。
会社で働くということは、社員みんなで切磋琢磨して、上を目指して一歩一歩進んでいくことだと思います。入る前に肩肘張っていたら大変です。 まずは自分に正直になって、小さなことでも良いので何か自分のできることを伝えて、そして自分が会社に何を求めるのか、思いの丈を話してみると良いのではないかと思います。
そこからスタートしていきましょう。先は長いですから。